SOTO(ソト) ST-310にシリコンチューブを装着してみる
ST-310にシリコンチューブを装着した。よくウッカリで熱いまま移動させるクセがあって、これまたゴトクを掴んでしまうことが多いからだ。
全体像
この機種に耐熱シリコンゴム(シリコンバキュームホース)を装着してみよう。
このゴムは自動車用として売られているもので、耐熱200℃となっている。ゴトクが熱いうちに、うっかり移動しようと掴んでしまうことが多いからだ。
規格は内径4mm・厚さ2mm=外径8mmのもの。内径さえ4mmなら、厚さは多少問題ないと思うが、このサイズでいいのではないだろうか。ゴムを装着した部分を掴んでみてもシックリ感がある。
装着部位は画像の通りとした。先端〜終端で高さを揃えたほうがなんとなくこれもシックリときた。※いくらなんでも火の近くは危険だ〜。
 画像は、長さ10cmに切ったものを高さをそろえて装着したところだ。これなら近すぎず、下過ぎずといったところか。地面に置いたコンロを掴むにも、まず大丈夫ギリギリまで被っている。※各自の責任において長さを決めてください。


内径は4mmでピッタリだが…
そのままで10cmの長さを装着するのは難しいが、石鹸水を金属部分にチョビっと付けてやれば簡単に入っていく。※多分、内径5mmだとカーブ部分で弛んでしまい、かっこ悪くなるかもしれません。
※耐油性は悪いようです。ご注意ください。

色ですが、
販売されているのは黒・青・黄・黄緑・オレンジ・赤などです。
画像のものは黄色を使用。赤とか青もカッコいいかもしれませんね。
価格はマチマチで、切り売りでは1mあたり400円前後〜千数百円くらいのようです。
今回は10cm×4本足=40cmの使用ですが、私は2mをネット購入。ネットのネックは送料ですが、メール便で対応してくれる店舗はありがたい。送料込みで700円ほどでした。もっと安い店もあるかも知れません。別に自動車部品店やホームセンターなどへ行けば送料無しで買えるのですけどね。※2mも買っちゃったからかなり余ったぞ〜。

いくつか色を組み合わせても面白いかもしれない。(おいおい、ホントかよ)

ちなみにこの機種では
足を折りたたむ時には、よく冷まして、バネのついた六角ナットを指で軽く押し上げてやれば簡単に畳める。※足をつまんで無理やり引っ張り上げたりしなくても良いので。念のため…。 

もう一度、シリコンチューブの長さについてですが、長いとかなり熱い部分まで干渉しそうです。短いと、熱い部分を掴んでしまいそうです。画像は10cmサイズに切ったものです。

さて、早速使ってみよう。
今回は早速南伊勢町の筆島で使ってみることにした。
以下、レビューといこう。


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design