GPS搭載デジカメ カシオEXILIM EX-H20Gを使ってみる〜大台ケ原2011年10月12日奈良県側にて〜
カシオのGPS搭載デジカメEXILIM EX-H20Gを使ってみた。
発売は2010年秋。最近は値崩れも激しいのでいっちょ使ってみるかと、2011年10月ネットで購入。5年保証付送料込み¥16,700。
撮影は奈良県大台ケ原近辺2011年10月12日。

当日はGPS起動約12時間、撮影はスイングパノラマを含めて300枚ほど。撮影中はあまりこまめに電源を落とさずに持ち歩き。ズームはあまり頻繁に使わなかったが、少々は使った程度。
GPSは約12時間で4300ポイント余りを記録していた。

結論:かなり楽しめるカメラである!
たとえば公園の樹木を撮影していくだけで、街角樹木図鑑が作れたりする。危険箇所マップも画像を撮りまくって地図に落とし込むだけだ。さらには釣行記録。海よし、川よし、湖よし!竿を向けた方向にカメラを向けるだけだ。
用途は色々。世界が広がるし手間要らずの優れものだよ。
最初に
フリーソフトのJpgMapに落とし込んでみた。
元の画像データは300枚ほど。広域画像ではクチャクチャなほどある。こまめに撮影したからであ〜る。

これはスイングパノラマで撮影した画像。この方が実視に近い臨場感があると思う。撮影角は好みでシャッターを切ればよい。360度で道を撮るとくの字に曲がってウソっぽくなったりするので、自分はそこそこの角度で撮ってみた。

※パノラマ撮影を途中(希望のアングルまで)で終わらせるときは、今まで動かした方向とは反対側に挙動を与える(つまるところ動かした方向とは反対方向に大げさに動いてやる)とうまく終わる。

ややズレ
マップを拡大していくと、撮影場所とマップに表示された場所とでは少しズレがある。
そのままでも特に気にしないレベルだが、他のソフト(カシミール3Dなど)で訂正できる。

しかし、マップ自体が大したことないよな…。ローカルだから仕方ないか。
詳細地図のある都会で使ってみたいものだ。

赤いポイントは今選択している画像を表示している。淡い緑色は画像を撮影したポイントすべてを表示。

かなり山奥にて
四方を急峻な山に囲まれていてもGPSは全く問題なし。衛星をしっかり拾ってくれた。
相当正確だな、優れものだよ。長生きはするもんだな〜。

しかし…、国道425号線は尾鷲まであと少しのところで土砂崩れ通行止めだった。
すれ違った車の方が教えてくれたのだ。一人じゃないって安心感あるよね。

結局恐怖の25kmほどを引き返すことになった…。

撮影方向も記録されている。
自分がどっちを向いて撮影したかも記録されている。
何も知らないうちに、カメラ君は頑張ってくれているんだな。

※もし違っていても、これも他のソフトで訂正できる。

カシミール3Dに落とし込み
こちらはカシミール3Dで、電子地図(今現在無料のマップ)を使ったもの。
広域地図にKMLファイルをドロップしただけで表示される。
ウェイポイントが移動経路に合わせてすべて表示されている。ルート線はポイントを短絡するので参考程度。

ちなみに記録されたポイント数は約12時間で4300ほどあった。

大台ケ原に絞り込んでみる。
大台ケ原だけで見てみても、ポイントが多すぎてクチャクチャだ〜。
特に歩行移動だからポイント間距離が短い。

おいおい、行きも帰りも同じようなところでポイントが飛んでないか?
地磁気でもおかしいのか?

今度は画像を落とし込む。
パラパラと、フリーセルでもやっているかのようにサムネイル画像が張り付いていく。
マップを少し移動させただけでもいちいちフリーセルになる。画像を撮りすぎた私も悪いが、何とかならないものかね。

紅葉もぼちぼち始まっていた。
まだ少し早いが、紅葉もボチボチでした。

※これくらいローカルになると、グーグルマップとかは地図がアバウトすぎてあまり役に立たない。こうなるとカシミール3Dの方が使える。郊外の里山や低山なら、このカシミールと無料の電子地図を利用すれば十分いけそうだ。

上記いずれも、家で画像を整理する場合の話であり、本体内蔵の地図では登山のナビなどとしては使い物にならない。しかしながら、EX-H20Gは、GPS地図機能の追加コンテンツがこの秋から順次発売されている。穂高岳や白馬岳、高尾山など、メジャー処の山へ出かける向きにはかなり役に立ちそうだ。
大台ケ原なんて、出ないだろうな〜。

JetPhotoStudio(フリーソフト)では
このように表示される。
グーグルアース、グーグルマップともに瞬時に入れ替えができ、地形情報での表示も可能。ただ、アルバムの取り入れに時間がかかるので一部画像のみにした。
ビジュアル的にはいいんだけどな〜

実際の画像と、修正なしのマッピング
画像位置と航空画像とがほぼ一致している。
これなら十分だ。
※他の画像もほぼ一致していた。

しかし、便利な世の中になったもんだね〜。
やっぱり長生きはするもんだよ。

私には使えます。楽しいです。
今後期待するとすれば、まず防水機能。
これがあれば安心してカヌーなどで使える。あとは写真を撮りまくればいい。



結局のところ、リコーのCX-3と両方持って行ってます。
リコーはマクロが優れていて、ミニチュアモードも楽しめますので放せません。
今はもうCX-5になっていますが。

保証はありませんが、予備のバッテリーもロワーなどから対応品(互換バッテリー)が安く出ていて、私はこれらを使っています。






セビラー ユーコン
セビラー ユーコン

カヤックも面白い。


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design