シジラミ浜〜南伊勢町阿曽〜
南伊勢町阿曽浦のすぐ近くにある砂利浜。阿曽大橋を渡り、阿曽浦のバス停からさらに奥へと向かうと、やがて阿曽浦沿いに延びる歩道がある。
2011年を締めるに最高の天気に恵まれ、午後から当浜を目指した。
帰り道は猿の群れに出くわしたが、気分は上々。

掲載画像は高圧縮ですがGPSジオタグ付き。
◆◆◆ジオタグ画像の利用方法◆◆◆
@画像をクリックして開いておく。
Aカシミール3Dを開いておいて、そこに画像をドラッグ・ドロップする。
Bすると、地図上のどこでどっち向きで撮影されたかが表示される。
今日はここへ行ってみよう!
南伊勢町阿曽にある【シジラミ浜】へと行ってみた。
最近は海岸シリーズが続いているな。

今回は
高校時代からの先輩もご同行いただいた。※ちと画像出演していただきました。
阿曽のバス停からちょっとばかり行くと、やがて校舎みたいなのが見えてくる。
ここからは歩道を歩くことになる。
防寒対策を万全に、と申し上げたら、結構暑くなってきて怒られました。

舗装された小道が続く
歩きやすいのはもちろん。

歩道からは
随所で阿曽浦がよく見える。

3分くらいで
ちょうど鞍部になり、案内板が見えてくる。
シジラミ浜も塩釜浜も行けるってことだ。

さらに
3分くらいで、眼下に浜が見えてきた。
穏やかな日和で、午後の陽光が眩しいくらいだ。

程なく
護岸堤防に到着した。
帰り道を間違わないように、この景色を覚えておこう。

パノラマ画像ですが
あまり広大な浜辺ではない。
でも小島(小磯)があちこちにあって、美しい。

ここも
貝殻が豊富に落ちている。

貝ベルトも
貝ベルトもしっかりと築かれているぞ。

ちょうど向かいに
見江島が向かいに見える。
冬場は午後に逆光の位置になるのだな。

小さいと書いたが
歩いてみると案外大きいのだ。

帰りは
阿曽大橋の中間にある展望台から、贄湾の景色を楽しんできた。
いや〜、いい大晦日ですよ。

今回のGPS軌跡
今回の軌跡です。
樹林帯では相変わらず捕捉性能が悪いです。一部海に落っこちたり、藪に突っ込んだりしていますね〜。

GPSとしては
性能はまずまず。ケースに入れて持ち歩くと測位性が悪いのは当たり前か。
出して撮影に入るとすぐに抜群の測位性。方向も位置もバッチリだよ。

今回も
カシミールに落とし込んでみた。

カシミールの
地図表示だとこうなる。


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design