芦浜(大紀町錦)
中部電力の原発予定地として候補に挙げられた【芦浜】。今は近くの【姫越山】とセットで、ハイキングコースとして知名度を上げている。
今回は芦浜だけを目的に、錦漁港近くにある【浅間(せんげん)神社】からの往復をとった。帰路は近畿自然歩道を通るコースも考えたが、ついいつもの悪い癖でタカラガイ集めに夢中になり時間切れ。仕方なく同じ道を帰るも、錦漁港に戻ったのは17:00頃だった。夕闇せまるわ鹿は鳴くわ飛び回るで、恐ろしい山歩きになっちまっただよ。
2011年11月20日カシオEX-H20Gで撮影。朝まで雨のち快晴。

掲載画像は高圧縮ですがGPSジオタグ付き。
◆◆◆ジオタグ画像の利用方法◆◆◆
@画像をクリックして開いておく。
Aカシミール3Dを開いておいて、そこに画像をドラッグ・ドロップする。
Bすると、地図上のどこでどっち向きで撮影されたかが表示される。
※GPS精度が相当ズレている画像もあります。
今日はここへ行ってみよう!
雨上がりの快晴、2011年11月20日だ。
撮影はカシオEX-H20Gを使用。
画像は圧縮ですが、GPSデータ(ジオタグ)は入れたままですので、グーグル等で利用できます。

錦の町内の浅間(せんげん)神社入り口から入る。
入り口がわかりにくいかもしれない。
浅間さんがわかったら、その階段を登り切り、すぐ裏手の尾根っぽい道を歩いていく。ここから約1時間半〜2時間くらいの道のりとなる。

 
 

 
 

ここから登山道。
裏手にある踏み跡から入っていく。

 
 

雨上がり後だからか?
谷筋では結構な水量で流れている。

最初の分岐点。
 

橋が架かっている。
 

2つ目の分岐点。
 

あちこちに植林帯がある。
 

 
 

 
 

 
 

アサギマダラだな。
11月下旬。随分寒いのに、妙だな。

おっと、看板だ。
 

 
 

 
 

急に視界が開けてきた。
平地に出たぞ。 

 
 

 
 

戦国自衛隊
戦国自衛隊のワンシーンを思い出したよ...。
ここだけ戦国時代にタイムスリップしてたりするんだよな。

芦浜湖からの流れです。
芦浜湖から流れてきます。割と早い流れだったりします。
画像手前で伏流し、海へ。結構な勢いでしみ込んでいきます。

では、早速、
100均鍋を持参しましたので、遅めの昼飯に。

 
 

 
 

 
 

むむっ
タカラガイ、やっぱり落ちてますわな〜。
大変擦れた打上げ貝。

つい癖で集めてしまいます。集めた種類などは、このページの最後に書いておきました。
ご参考までに。

 
 

なんだこれは?
海のマリモみたいだな。

芦浜には結局15:30頃まで滞在。遊びすぎ。
11月下旬ではこれがタイムリミットです。
天気が悪いともっと早くに暗くなりますので注意。

こっちは芦浜湖
ハマナツメの観察には最適地。


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design