『止レ』の標識〜伊勢市鹿海(カノミ)町〜
よそ様のサイトでここの標識が紹介されていたので、パクって撮影してきた。
裏面の文字通り、昭和11年にここで鉄道事故により亡くなられた母子の供養の為に建てられたというのが真相のようだ。
旧道に架かる汐合橋(しわいばし、またはシワイの橋などと読む)のすこし上流付近にある古い標識。材質は御影石。

※場所はこちら←をクリックして『止レ』をご参照下さい。
画像は携帯933SHにて2010年1月3日撮影。
今日はここへ行ってみよう!
 

近づいてみる。
 

 
 

 
 

  
 

 
 

 
 

対岸から
汐合橋を渡り、対岸から以前の鉄道跡を見る。
橋脚は今でも健在だ。ここをSLなんかが走ると堪らないだろうな〜。

 
 

桜の木が並ぶ。
季節になるといいだろうな。

ここに橋が
架かっていたわけか。

 
 

上流には今のJRの橋が架かっている。
丁度列車が走っていった。

 
 

廃材が敷き詰められている。
 


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design