伊勢志摩 半島港ロマン

志摩半島の砂利浜でみかけたタカラガイ。オミナエシダカラのようだ。
 ここはハナマルユキ、ハツユキダカラ、ホシキヌタが多い。志摩半島には、よく貝殻集めをしに行く。
子供の頃は、【タカラガイ】なるものは水族館でしか売っていないものと思っていたが、中学のときに自転車で浜島の海岸で大量のタカラガイを見つけて、考えが変わった。
最近になって思い出したように貝殻集めがマイブームとなり、休日にはありとあらゆる岩浜に貝殻集めに出かける。
大量に落ちていることもあるが、新しい場所で探してみるのも発見が多くて楽しい。
似通った岩浜でも、種類ごとに多い少ないがはっきりしているようだ。
打上げられた貝殻しか拾わないが、こうして擦れて洗われた貝殻では、自宅に持ち帰ったあとでもどこからか潮騒が聞こえてくるようである。

撮影:2011年8月12日