■ イェニカプへ向かう列車2007.10.15

 早速駅でチケットを購入。日本のそれと変わりはなかった。イェニカプに行きたいので『イェニカプェ ギトゥメッキイスティヨルム』とか言ったと思う。行き先さえ決めてあれば、あとはこのセリフでほぼ何とかなる。列車の出発まで待ち時間は10分ほどだった。
 有名な駅だからと描いていたイメージはあったが、大きくても地味な駅だった。作りが古いからかもしれない。ホームはたくさんあり、カッコイイのからボロいのまでずらりと並んでいる。もちろん一見して自分の乗るのは全くわからない。駅員さんが指差しで説明してくれた電車は、ずらりと並んだ列車のずっと右端、改札に近い場所に佇むボロっちい電車だった。
 
 列車のドアは手動。車両は完全に1両完結の箱物で、各両間の行き来は出来ない。ある意味危ないかもしれない。
イェニカプまでは数分だったと思う。途中の景色は海や城壁の遺跡に囲まれて美しかった。ちょっとばかり得をした気分だ。




旅の指さし会話帳18トルコ第二版 (ここ以外のどこかへ!<ーロッパ)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/6 03:22時点)

ことたびトルコ語 (ことばをもって旅に出よう!)

新品価格
¥1,680から
(2010/11/6 03:46時点)

今すぐ話せるトルコ語 入門編 (東進ブックス)

新品価格
¥2,625から
(2010/11/8 10:39時点)


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design