■ アマスヤという町へ2008.10.7

 ハットゥシャからスングルルを経由して、アマスヤという町に向かった。日本ではあまり紹介する記事もなく情報に乏しかったが、黒海へ向かう途中に一息つけるつもりで、私はバスを降りた。 バスを降りたのは、森のような何もない町外れの路上。ここから町まではミニバスで送ってくれるそうだ。
 アマスヤの町は、とても美しい。町は岩山に囲まれ、その立地のせいで日照時間が短いと地元の人が漏らしていた。そして町並みに沿って流れる『イェシル川』。傾いた夕暮れの太陽で、町はもう薄暗いと言うのに、目の前にそびえる『岩窟墳墓』がライトアップされたように明るく映えている。私は空腹も忘れて、明日はゆっくりとあの岩山を探索しようと思う。




旅の指さし会話帳18トルコ第二版 (ここ以外のどこかへ!<ーロッパ)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/6 03:22時点)

ことたびトルコ語 (ことばをもって旅に出よう!)

新品価格
¥1,680から
(2010/11/6 03:46時点)

今すぐ話せるトルコ語 入門編 (東進ブックス)

新品価格
¥2,625から
(2010/11/8 10:39時点)


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design