■ コンヤの町へ2008.10.2

エイルディルを出る前日まで、宿の主人に「アンタルヤへ行きます」と告げていたが、当日になって「コンヤは遠いですか?」と聞くとやや驚かれた。
 地図をみると、エイルディルからそう遠くないコンヤの町。オトビュスはもう、ウスパルタを経由することなくコンヤへと向かっている。
 コンヤの天気はやや曇り空。やっと町の中心メヴラーナ通りに着く。オトガルから町の中心はやや遠く、ドルムシュのお世話になる。トルコ人の女子高生3人組と隣り合わせ、「英語できますか?」と聞かれ、同じように簡単な英語で答えたものの話が続かない。どこで降りればよいのかわからず、運転手さんに「メヴラーナ・ジャッデシ」というと、降ろしてくれた。ほとんどの乗客がここで降りる。
 ブラブラと宿を探していると、絨毯屋に連れられてチャイをご馳走になった。挙句に商店街に迷い込み、長い時間ストーブ屋がたくさん並ぶ辺りを彷徨った。ここが裏通りだと気付くまで、相当かかった私。いつしか晴れ間も見え出した。おっと、馬車が走るんだ!と感動も。




旅の指さし会話帳18トルコ第二版 (ここ以外のどこかへ!<ーロッパ)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/6 03:22時点)

ことたびトルコ語 (ことばをもって旅に出よう!)

新品価格
¥1,680から
(2010/11/6 03:46時点)

今すぐ話せるトルコ語 入門編 (東進ブックス)

新品価格
¥2,625から
(2010/11/8 10:39時点)


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design