■ 一度イスタンブルを発つ2007.10.15

イスタンブルに3日間滞在。有名どころはトラムや徒歩で網羅した。

 この頃から、数字の暗記を始めた。どこで食い物を買うにも数字合わせで小銭も払えるが、聞き取りが難しくてカッコよくいかないからだ。『指差し会話帳』で覚える練習をした。丁度同じ頃に、他にはお決まりな言葉を『ことたびトルコ語』で丸暗記を始めている。聞き取りは難しいが、それなりに意思表示をするには使える本だった。
 翌11月5日早朝、朝早くからオーナーをたたき起こして迷惑を掛けながら、ホテルを出る。快晴。昨日はみぞれ混じりの寒い一日だったが、一変してくれた。どの方法でどこへ行こうかと前日まで考えていたが、色々な交通機関を味わいたい気持ちが勝ち、スィルケジから国鉄に乗りイェニカプへ、そこから高速船に乗り継いでヤロワ、さらにミニバスでイズニックへとルートをとることにした。

 画像は早朝7:00のスィルケジ駅近く。人の気配が全くないし、とても寒い朝だった。途中パンを店先に並べていた店があった。こんな時間から開いているんだな〜と感心して、私も冷えた体を温めようと入店。前日は遅くまで近所をウロウロし、夜食もタラフク食ったものの、まだ朝食もとらないうちから旅立ったものだから、寒さも手伝ってか実は腹ペコだった。パンは店の人が籠に入れて持ってきてくれた。冷たくてカンカンになっていた。昨日の残り物だろうけど、トルコのパンは中が柔らかくてとてもおいしい。周りを見渡すと、数人居る他のお客が飲んでいるスープがとてもうまそうで、湯気もほやほやと上がっている。
 まだ注文を出す言葉もほとんどわからないので色々なスープの名前もわからないが、『チョルバス、バルム?』と聞いてみたら程なく持ってきてくれた。




旅の指さし会話帳18トルコ第二版 (ここ以外のどこかへ!<ーロッパ)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/6 03:22時点)

ことたびトルコ語 (ことばをもって旅に出よう!)

新品価格
¥1,680から
(2010/11/6 03:46時点)

今すぐ話せるトルコ語 入門編 (東進ブックス)

新品価格
¥2,625から
(2010/11/8 10:39時点)


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design