■ ブルサの町へ 〜ブルサのテルミナル〜2008.9.23

イズニックからブルサはそれほど遠くなかった。オトビュスで2時間ほどだったか。オトガルはテルミナルと呼ばれ、辺りは幹線道路が日本の高速道路のように走っているだけだ。ここから町の中心部は随分離れていてるが、ヘイケルなり、チェキルゲなり、自分の行く先を告げればテルミナルのスタッフが必ず案内してくれる。帰りはこの逆となるが、オトビュスで戻るのは少し難しい。ブルサのバスが集中する通りへ行き、ここでテルミナルと誰彼となく告げればよいのだが…。
 数日後、ブルサを出てから先の旅で、いつの間にか自分自身のなかでは(バスは3時間以上乗れないな)と思い始めていた。私はバスが苦手だった。修学旅行の頃からバスには酔った。でも、トルコではバス酔いが原因ではない。どのバスも、私が予想していた以上に快適で、楽しい旅だった。私がそう思いはじめたのは、この町で出会った、体の不自由な青年との話からだった。
 




旅の指さし会話帳18トルコ第二版 (ここ以外のどこかへ!<ーロッパ)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/6 03:22時点)

ことたびトルコ語 (ことばをもって旅に出よう!)

新品価格
¥1,680から
(2010/11/6 03:46時点)

今すぐ話せるトルコ語 入門編 (東進ブックス)

新品価格
¥2,625から
(2010/11/8 10:39時点)


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design