■ ヤロワのオトガル2008.1.5

 オトガルはとても広いが、待合室は小さく、至ってシンプルである。看板にある『メトロ』や『ウルソイ』は各バス会社の名前だと後々になって気づいた。旅行雑誌などで広く記載のあるメトロやウルソイなどはバス会社としても大きく、全国各地で看板が掲げられている。バス会社を選ぶのも旅の楽しみの一つかもしれない。ここヤロワでも、看板にあるとおり他にも数多くのバス会社がある。しかし、私にはバス会社なんて選ぶ精神的余裕がまだなかった。
 
 待ち時間を犠牲にするのは私の苦手。最短で発車するバスなら特に選ばない。安くあげるなら、近隣にはドルムシュやミニバスも出る。これがやがて自分の旅行スタイルになっていった。
 発車まで何分あるのかわからないが、少し待っていろと素振りでいうので、仕方なく30m四方くらいをうろつく。荷物を先に放り込んであるから、置いていかれてはたまらない。
 目がトルコ語に慣れてきたのか、この頃には時刻表には行き先と時刻が掲示されているのがかなり一目でわかるようになってきた。今まさしく、ここからイズニックを目指すことになる。これも後々に実感したことだが、遥か遠い土地を目指す場合も、乗り継ぎを気にすることなく容易に都市間を行き来が出来るほど、バス路線はトルコ全土を網羅している。特に大きな都市を経由する場合、一度その都市に出てみるとよい。そうすれば、その町を基点にまた多くのバスが見つかることが多い。さらに小さな町にも、簡単に行ける。




旅の指さし会話帳18トルコ第二版 (ここ以外のどこかへ!<ーロッパ)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/6 03:22時点)

ことたびトルコ語 (ことばをもって旅に出よう!)

新品価格
¥1,680から
(2010/11/6 03:46時点)

今すぐ話せるトルコ語 入門編 (東進ブックス)

新品価格
¥2,625から
(2010/11/8 10:39時点)


Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design