■ 鳥羽湾めぐりとイルカ島2012.1.9

 中身はイルカ島のイラストマップと鳥羽湾めぐりのコース案内、その時刻表で構成されている。
近鉄(またはJR)鳥羽駅で下車し、海岸の方向へと歩くこと数分。昨年新しくなった鳥羽マリンターミナルが見えてくる。施設の建屋前からは鳥羽湾が一望でき、その中にこの【イルカ島】が見える。ほかにも大小いくつかの島が散在していて、その合間を縫うように観光船や定期巡航船がちょこまかと行き来する様子もうかがえる。

 さて、イルカ島は、私が父親の仕事の都合で鳥羽に住んでいた頃に一度きりだが行った記憶がある。当時はリフトなるものがあって、生まれてはじめて見る奇妙な乗り物に興味津々だった。そこで、パンフレットを手にして最初に確認したのはまず【リフト】であった。
 なんと嬉しいことに、このリフトは島の中央部にイラストで描かれていた。「おぉ、まだあったんだ〜」

 話は変わるが、この近辺の小島も最近は海鳥のコロニーと化しているようで、先ほどのマリンターミナルからも一面真っ白になった様子がみえる。相当な期間上陸していないが、マップを見てみると色々と見所が書かれていて、幼少の頃とはまったく違った発見がある。長く再訪しなかった場所も、年をくってからまた違った目で見てみると、再発見も多く、大変価値がある。「大人の遠足」ってところだ。

発行:志摩マリンレジャー
志摩マリンレジャーは近鉄グループの会社で近鉄レジャーの子会社にあたる。よく真珠島あたりに係留されている竜宮城や賢島エスペランサなどはこの会社の保有船舶である。



Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design