■ 『風みなと』
伊勢・横輪
2010.2.11

 『もう2月か〜』と思っているうちに半分近くが過ぎている。
そうこうしているうちに3月になっちまうなと考え、つい『横輪桜』で有名な横輪町(よこわちょう)へと出向いてみることにした。
 ありがたいことに新作のパンフレットが並んでいた。しめしめと手に取ると、男性のどアップがもろに目に付く。他にもある数種のパンフレットを次々と手渡ししてくれたのは、この被写体ご本人だった。
 
 中学のころは、手頃なサイクリングコースとしてよく来たものだ。国土地理院の25000分の1で道を拾ってはしらみつぶしに走破していく。神宮林のある高麗広(こうらいびろ)からも何となく道があるのを見つけ、友人と計3人で走りに行ってみた。
 『竜ヶ峠(たつがとうげ)』。いいじゃない。しかし、行ってみると道がない。強引に自転車を担いで山道を登り、やっとの思いで横輪にたどり着いた思い出がある。今現在の路線バス終点、『床ノ木(いすのき)』だ。
 この床ノ木にはもう一本の峠道がある。南伊勢町の五ヶ所へ抜ける道だ。かなり以前はこの道をボンネットバスが走っていたと聞く。
 ちなみにこの竜ヶ峠は、最近整備の手が入り、ハイキングコースとして利用する方も多いようだ。また、参宮古道でもあるらしい。

 さてパンフレットだが、実は他にもA4サイズのパンフレットが用意されているのでこちらも後ほど紹介するとして、目立った記事はないが見やすく、特に裏面全面に描かれた『風石巡りマップ』が嬉しい。
 記事を読みすすめると、横輪の冬は風がすごい!らしい。丁度パンフレットの入手日も相当な強風が吹き荒れていた。 数年前の台風で山の木々がなぎ倒された部分も多いが、これも何か関連があるのだろうか?
 
 今年から気象庁の桜開花予想はなくなるらしいが、そろそろ大輪な横輪桜が楽しみになってきた。パンフレットにも記載されているが、ソメイヨシノよりも数日遅く開花し、大きさは2〜3倍あるらしい。
 横輪は、平家落人伝説をはじめ棚田や石垣など、山里の雰囲気たっぷりである。

問い合わせ先:郷の恵み「風輪」(さとのめぐみ ふうりん)電話0596-39-1741
営業時間午前9時〜午後5時 火水金土日と祭日に営業。(年末年始を除く)
 ※ここでは伊勢うどん等やぜんざいのメニューもあります。





Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design