■ 『るるる♪あおやま』
青山観光パンフレット
2009.7.1

 青山の観光地を紹介するパンフレットである。
青山といえば、まず思い浮かぶのは『青山高原』だろう。このパンフレットを紹介した本日7/1は、頂上付近で丁度一面の雲海であった。標高759mからの360°パノラマビューは、天候にさえ恵まれれば四季を通じて楽しめるものである。このドライブコースは以前有料であったが、今では無料で開放され、県内外各方面からのバイクツーリングなどには人気だ。
 他、メナード青山リゾートという施設もあるが、こちらは今、丁度ラベンダーが季節を迎えている。

 さて、青山高原。ここには『布引の森』と呼ばれる散策コースがある。余談だがその気になれば十分に迷子になれる森だ。
 途中にある池には『モリアオガエル』が多数生息し、繁殖している様子が観察できる。産卵した泡の固まりはすでに雨等で流されたあとだったが、それでも数十以上がまだ確認できた。またこのコースではブナが自生している様子が観察できる場所もあり、車で近くまで行けて、ちょっと歩けばブナ。ある意味自然観察には恵まれた場所なのだ。ちなみにこの『布引の森』。設計は私の恩師でもある。
 この散策路を歩いてみてもよく分かるが、辺りはまるで草刈でもしたようにミヤコザサや各種植物がことごとくシカに食われていた。しかしその中でも『アセビ』だけは毒性がきつくて食べないので、しっかりと残っている。有名処では奈良公園でも、同様にアセビは食べないので目立って生き延びているそうだ。
 このアセビ、決して利用法がないわけではなく、昔は『便所(あえてトイレとはいわない)』に葉を撒き散らしてウジ退治にしたそうである。生育は旺盛で、海岸近くの林でも、その元気な姿が拝める。

 ちなみに今日、おそらく落雷で倒れたであろう杉が青山高原の脇道に散乱していた。木は縦に裂けていてまだ真新しい。木の中の水分が一瞬にして水蒸気になって爆裂する【水蒸気爆発】のようなものらしい。怖いな〜。

問い合わせ先:青山観光協会 
電話:0595-52-3220
URLは http://aoyama.igaueno.net/

 
 



Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design