■ 『ロマンの森』
伊勢三郷山
2008.12.16

 三郷山は、そのまま『さんごうやま』と読む。伊勢にお住まいの方には比較的よく知られたハイキングの山で、週末ともなると、中高年の方がよく利用されている。
 パンフレットには各コースと行程距離がよくわかるように記載されていて、見開きだけながら使い勝手はよい。このパンフレットは伊勢市の役場で入手できるが、伊勢市は平成の大合併で御薗村とも一体になり、担当部署である産業部農林課は旧御薗村役場に設けられている。また、このパンフレットの存在はあまり知られていないようだ。
 12月現在、大変日が短くなっていて、夕方4時過ぎともなると薄暗がりが始まる。三郷山は手短かで利用しやすいが、くれぐれも山であることに注意されたい。早め早めに下山することをお勧めする。
 
 【余談】今ほど整備されていない20年ほど前、地元の小学生が、当山で自殺したと見られる方の白骨を発見している。首を吊ってから白骨化し、下に落ちた状態での発見となったらしい。これ以前にも自殺が多いと噂されている。利用しやすい山ではあるが、登山道からは決して見通しがよい山とは云い難い点に注意されたい。初めての方には、要所要所に設けられた展望台以外は自分の現在地がつかみにくいかもしれないし、方向を見失いやすいかもしれない。ちなみに当施設の遊歩道は延長4291m面積62.6haとある。
 ただ、迷っても山を下る方向に進めばいずれかの町に辿り着くだろう。が、しかし、思ったよりもこの山は広い。一度迷った方はご存知かもしれない…。その気になれば、十分迷える。
 試しにある箇所で遊歩道を離れて植林に入ってみた。振り返るとどこが遊歩道だったか分からなくなった…。


当サイト内関連ページはこちら←をご参照下さい。

問い合わせ先:伊勢市産業部農林課 
伊勢市御薗町長屋1221番地 0596-22-0370






Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design