■ 『樹木図鑑園の案内』2008.11.20

 これも、三重県にある施設の案内パンフレットだ。ただ他と決定的にちがうのは、ここが三重県の研究施設である点だろう。施設は地味だが、庭園は手入れが行き届き、気持ちよい。
 『百聞は一見にしかず』と表紙中ほどにも記載されているとおり、樹種93科625種の実物の樹木が植えられている。樹木の勉強にはもちろん最適だろう。さらには林業の知識や森の機能についても勉強できる施設が別棟で併設されているが、こちらは入り口で声をかけないと閉まっている。これも地味さを一層引き立ててくれる。
 私は以前にもここを訪れたことがある。それから6年たった今でもあまり変わりようがない施設だ。相手が樹木だからか…。悲しいことに私が再訪したのは季節も秋。葉っぱはほとんど枯れかけていて、片手に持った『葉で見分ける樹木図鑑』という本が、役立たなかった。ちなみにここはヤブ蚊が多いので、これまた季節を選んで行きたいところでもある。う〜〜ん、蚊に刺されても葉っぱがみれるのが良いか、樹皮の勉強で満足しておくか…。
 テーマパーク慣れしていては、この施設で楽しさは発見できないだろう。ここで遊べる方はアウトドア狂。もっとも、一般的には足を向けないかも知れないのが普通か。しかし、最近特に温暖化やCO2問題が騒がれているが、ここで今一度森林に目を向けると、この施設のよさがわかってくる。そういった意味では、暇を見つけて是非一度、足を運んでいただい。地味だけど。
 ところで、地球温暖化って、、、どうなんだろうね。意味不明のCO2排出量取引ってさぁ、何やってるの?

問い合わせ先:三重県林業研究所 三重県津市白山町二本木3769-1
電話059-262-0110
ホームページへのリンクはこちら↓
http://www.mpstpc.pref.mie.jp/RIN/



Copyright(c)www.japonum.com

[サイトトップへ戻る]

CGI-design