[戻る]
■ 『御福餅』2007.10.21

こちらは赤福に代わって売れている『御福餅』です。本社は二見町。
一見赤福と何ら変わりはありません。食してみると、やや餡子のキメが荒いような気もするのですが、同時比較できていないので確信は持てません。外観はやや作りが荒いようです。しかし、私が食べている赤福が保存品だった可能性を考えると、作りたては大差無かったかもしれませんね。
味覚等、他に違いは感じられませんが、『価格』が違う!!御福餅のほうがかなりお買い得ではないかと思います。
赤福問題発覚後から、御福餅はよく売れていると地元では噂になっています。各販売所では午前中に売り切れ続出とか…。
御福餅が経営に苦しんでいるとき、赤福が援助の手を差し伸べた等のウィキペディアへの書き込みも見られますが、これも地元で知る人は知る『噂』です。真偽は定かではありませんが。
『御福餅』は、決して類似品という分類ではありません。赤福も御福餅も『そういう餅』なのだと思います。違うところがそれぞれ同じタイプの餅を造っているわけです。