[戻る]
■ 『赤福』無期限営業禁止か〜〜2007.10.19

ここも赤福だよりを掲載している関係上(私はパンフレットが無料であればいいだけなので、関係ないけど)、このネタは押さえとかないとね〜〜。今日もお伊勢参りは賑やかですが、赤福本店は張り紙をして営業停止しています。まるで兄弟品のような『御福餅』っていうものがあって、お客さんはこちらを購入したりするのでしょうか?伊勢は他にも色々とあります。お払い町あたりでも、神代餅や岩戸餅とかもありますし。地元では二軒茶屋餅や返馬餅(へんばもち)などなどもよく知られています。なぜに赤福だけがこれほど大きくなったのかは謎ですが。伊勢の名物たくさんあります!宅配の冷蔵伊勢うどんセットもお勧めしたいですね。
ただ、『観光のカリスマ』と呼ばれるだけに、地元では色々な噂がことかかないのも事実です。大駐車場がなぜ※$%#&&??とか、おはらい町を造るにあたって&’%$”$%$??とか、JR伊勢駅近辺の%&$&&他にも色々とあります。まあ、地元自治体への寄付も多いのかな、実態はわかりませんがすべて憶測でしかないといえばないわけで、、、。

そういえば、赤福餅の関連会社といえば『マスヤ』です。おにぎり煎餅で有名です。
地元でははるか以前から、赤福で残った餅をマスヤで再利用しているという噂は評判でした。誰も疑うことなく、とがめる内容だとは思っていなかったのが本当のところです。『うまく考えたな』とか『そりゃ儲かるわな』としか考えていなかったのです。そうそう、マスヤといえば某所に完成したばかりの豪邸も、地元では有名です。

私の実家もひと月に一回は赤福を食べていました。箱物を購入してくると、全体に表面がヌメっぽかったり、角が白っぽかったりはよくあることでしたし、赤福自体がかなりの早朝から製造していると言われていたため、多少の経時変化はあるものと認識している程度でしたが。本店茶屋で食べる分は新しいものを使っていたのではないかと思います。

赤福本店の前では、昨日もかなり多くのメディアのインタビュアが、行き交う人を捕まえていました。地元系の方を狙っていたようですね〜(^^)/

ただ地元では、私の周りの多くの方が営業禁止後に『無くなったら妙に食べたいな』と言われているのも事実です。
代替品というのも何ですが、明日早速『御福餅』を買ってくることにしましょう。