[戻る]
■ 『クスノキアブラ (ダニ部屋)』2008.10.20

クスノキに付くダニの仲間である。クスノキは虫が付かない、というわけではなく、葉につくダニの仲間が存在する。
 落ち葉にはほぼ全部、葉柄に近い部分の葉脈の分かれ目に、1mm位の、一対のコブ状のものがある。ここは『ダニ部屋』と呼ばれ、開くとしばしばダニが観察できる(写真の矢印部分)。元気な葉には比較的少ないようで、落ち葉や古い葉では、ほぼ全数観察できる。葉の一枚一枚に付いているということは、木全体では多分何万という個体が居るんだろうな…。
 ちなみにこの葉脈が分かれている部分は【三行脈(さんこうみゃく)】と呼ばれている。この部分にダニ部屋ができるのである。

参考リンク↓
http://homepage2.nifty.com/Parasite/danibeya/danibeya.htm

他、【ダニ部屋】または【ドマティア】で検索すればよいかと思う。